どんな仕事内容なの?

バスドライバーとして出社したら、まずはアルコールが体内に残っていないかチェックをします。そして制服に着替えてからは、自分が担当するバスの点検を行います。安全に最後までバスを運行するためにはしっかりと点検を行うことが重要になるので欠かせません。これらの準備が終わったら、バスドライバーの基本的な仕事は、路線の時刻通りにバスを運行してお客さんを乗せるということになります。お客さんを安全に目的の停留所まで乗せていくことが必要なので、時間を気にしながらも安全運転をすることが大切です。バスの運行が終わったら、バスの車内を点検したり、金庫を清算したりします。「ドライバー」と聞くと運転だけをイメージする方も多いかもしれませんが、意外とその他の業務も行うのです。

バスドライバーに向いている人とは?

バスドライバーは、お客さんを乗せて運転することになるので、安全運転ができたり誠実な人柄の人が向いているといえるのではないでしょうか。やはりバスドライバーという仕事柄、時間を守ったり交通ルールを守ったりするのは必要最低限求められますよね。丁寧な運転をすることができたり、決まりをしっかり守ることに自信があったりする方はバスドライバーに応募してみるのもいいかもしれません。また、バスを運行するだけではなく、バスに乗車するお客さんとの関わりも必要になる仕事なので、コミュニケーション能力が高い人もバスドライバーに向いています。どの世代の人とも臆することなく会話できるのなら、それはアピールポイントになります。

愛知のドライバーの募集は、東海地方で実績がある優良企業の役員運転手や、各地域の物流や運送に関する会社の長距離ドライバーまで多数あります。