タクシードライバーの仕事とは

タクシードライバーは特定の地域を走り、お客様を目的地までお送りする仕事です。エリアにもよりますが、昼は会社員やお年寄りが、夜は仕事帰りの人が多く利用するため、時間を問わず需要があります。そのため、勤務時間は昼勤や夜勤で分かれていることも多くあるでしょう。勤務中はエリアをまわって車を走らせ、終業時間になったら、営業所へ戻ります。車を清掃し、次のシフトのドライバーに引き継いで業務終了となります。 現在は、タクシーの予約アプリの利用が増えており、お客様とコンタクトがすぐに取れる環境が整備されつつあります。そのため、お客様を求めてひたすら車を走らせることも少ないといえるでしょう。 また、タクシーの運転には、普通自動車免許とは別に、二種免許が必要となります。これは入社後に取得できるタクシー会社が多いです。

タクシードライバーに向いている人

まず、人の気持ちを汲み取ることが得意な人に向いているといえます。さまざまなお客様が乗車され、その人によりドライバーに求めるものが異なるからです。「タクシーに乗っているときには、ドライバーとの会話を楽しみたい」という方もいますし「商談の準備をしたいので、静かに運転してほしい」という方もいます。お客様の状況を汲み取り、柔軟に対応を変えることが求められます。

また、腰を据えて長く仕事を続けたいという人も向いているでしょう。タクシードライバーは、体力的な負担が少ないため年をとっても働きやすい職種だといえます。長期の勤続により運転技術の向上が望め、さまざまな道を覚えることでお客様に選ばれやすくなるでしょう。その結果、給与のアップも期待できます。

愛知のドライバーの転職は、トレーラーやトラックの運転経験が豊富な人や、運送業界で役立つ免許を持っている人が有利になる傾向が見られます。