様々な場面で活躍できる

仕事にも色々な種類がありますが、特技を活かせる仕事に就きたいという人は多いものです。自動車の運転が得意な人、長時間でも疲れにくい安全運転ができるという人はドライバーになることも考えてみてはいかがでしょうか。ドライバーにも色々な種類がありますが、バスドライバーは観光バスや路線バス、送迎など様々な場面で活躍することができます。運転をするためには、免許が必要ですが、バスドライバーになるにはどんな免許がいるのかも知っておきたいところです。まず、必要になるのは普通自動車免許、そして大型自動車二種免許です。バスの運転に欠かすことができない大型自動車二種免許を取得するには、普通自動車免許を取得してから3年以上経過している必要があります。

免許の取得方法を知る

大型自動車二種免許を取得するには、学科試験と技能試験の両方に合格する必要があります。大型自動車二種免許は高度な運転技術も必要になりますので、試験場で一発合格を狙うのは難しいといえます。免許取得を目指すなら、教習所に通い、基礎からしっかりと学ぶことがおすすめです。短期間で集中して取得を目指すなら、合宿免許に参加することも考えてみてはいかがでしょうか。合宿免許は宿泊費や旅費、食費なども付いて、しかも教習所よりも安いのが魅力です。費用の負担が気になる場合は、バス会社の負担で免許を取得できる養成制度も活用してみましょう。学科試験と技能試験の両方に合格した後には、応急救護処置講習と旅客者講習を受講することになります。

愛知の運転手の求人は、大手企業の役員の専属運転手や全国区の長距離トラックドライバーまで様々な募集があります。