トラックドライバーは普通免許でも採用される

トラックドライバーになって働くには普通免許では無理だと思っている人もいるかもしれません。しかし、トラックドライバーの求人に応募する時点では他の免許を持っていなくても大丈夫な場合が多くなっています。トラックドライバーは人手不足の現場で働いていることが多いため、採用してから免許を取得させるケースが増えているからです。また、運転するトラックによっては普通免許でも構わない場合もあります。軽トラックはもちろんですが、普通免許でも最大積載量が2トン未満のトラックまでは運転することが可能です。運転免許の取得時期による違いもあり、2017年以前なら最大積載量で3トン未満、平成19年以前なら5トン未満まで運転できます。

トラックドライバーの種類と必要な免許

トラックドライバーは普通免許でも問題ない場合もありますが、最近になってから普通免許を取得した人の場合には2トントラックすら運転できません。大抵の場合には、トラックの最大積載量や総重量に応じて適切な免許を取得することが求められます。準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許の3つの区分があり、それぞれ最大積載量が4.5トン未満、6.5トン未満、6.5トン以上の自動車を運転することが可能です。引っ越しに使用するようなトラックは2トンが標準的で、3トンくらいまでのことが多いでしょう。すると準中型免許で良いということになります。運送会社の長距離トラックドライバーになると6.5トン以上のトラックを運転することも多く、大型免許が必要になります。

愛知の運転手の募集は、多様な働き方が選べます。一般的なタクシーの他にも、施設の送迎車の運転手や会社役員の運転手など幅広い運転手の募集があります。