タクシードライバーはどんな仕事?

タクシードライバーの仕事は乗客を目的地まで安全に送り届けることです。タクシードライバーの働き方には企業が運営している法人タクシーで雇用されるものと個人で運営する個人タクシーがあります。個人タクシーを開業するには自動車の運転経歴とタクシー・ハイヤー業務での運転経歴が必要ですので、まずは法人タクシーで雇用されて経験を積まなければいけません。法人タクシーでの勤務形態は日勤のみや夜勤のみもありますが、隔日勤務といって、1日働いたら次の日は休むというものもあります。仕事内容は他にも車両の点検や洗車、売上金の納金などがあります。安全な運転を行うために健康チェックも行います。給与体系は多くは歩合制で、地域によって料金体系が異なるため収入にも差があります。

タクシードライバーはどんな免許が必要?

タクシードライバーとして働くためには第二種運転免許が必要になります。この免許は商業目的で乗客を目的地まで運ぶために運転する時に必要な免許で、タクシーの他にもバスや運転代行といった料金が生じる業務で運転をする場合にも必要なものです。この免許を取得するためには第一種運転免許(普通自動車免許)を取得してから3年以上経過していることや21歳以上であることなどの条件があります。第二種運転免許の学科試験では旅客自動車に関する知識がどれだけあるのかを問われます。実技試験では第一種よりも合格点が高く設定されているので、第一種の試験と比べると難易度は高いといえそうです。そのため試験前にはしっかりと対策を立てておくと良いでしょう。

愛知の運転手の転職は、業務に必要な免許を保有している人であれば必ずしも長期のキャリアや経験が必要なく、職場によってはすぐに広範囲のエリアの運転を任されることもあります。