トラックドライバーの仕事内容とは

トラックドライバーは、依頼された指定の荷物を、目的地まで配送するお仕事です。トラックは、小型・中型・大型のトラックがあり、大きさによって仕事内容は異なってきます。例えば、小型のトラックは小回りが利くため、地場配送を中心におこなうことが多いです。個人宅に荷物を届けたり、担当エリアのルート配送をおこなったりします。大型トラックは長距離を走ることが多く、県境をまたいで移動することもあります。荷積みや荷降ろしをする際は、フォークリフトを使用することもあるでしょう。所属する企業によっては、宅配時に顧客や近隣へのセールスを担当することもあるようです。トラックドライバーは、運送業、引越し業、宅配業など転職先の業界によって仕事内容が変わってくるので、事前にチェックしておくことが大切となります。

向いている人の特徴とは

所属先の企業によって仕事内容は大きく変わりますが、それでも共通していることがあり、それはトラックを運転する仕事だということです。そのため、トラックドライバーになるためには、運転が好き、得意であるということは大前提となるでしょう。トラックは乗用車と比べ運転が難しいため、乗りこなすには高度な技術が要求されます。運転が好きで、車を運転することが得意であれば、早い段階から相棒であるトラックを華麗に乗りこなすことができるようになるでしょう。 他には、時間やルールを必ず守る真面目な性格をしている人は、この仕事が向いています。トラックドライバーは、どの仕事よりも責任感が求められる仕事です。安全運転を心がけたり、到着時間を厳守したりなど、仕事には重い責任が伴います。慢心せず、常に責任感を持ち続けられるような人が、トラックドライバーとしてピッタリです。